今のママでいいんだよ!


小学生の娘に夏休みの宿題を教えていると、いつもいつもケンカになる私たち親子。
娘にとっては私の教え方がカチンと来るようで、ちょっとのことでケンカになり、挙げ句の果てに私が旦那に怒られる始末。そんな毎日の中で自信を失ってしまった私は、ある日娘に質問しました。

「ママ、○○ちゃんとケンカしながら宿題やるの、すごく辛いの。まだ1年生だから、そんなに細かいところまで頑張らなくていいから、手をぬいてやろうよ。ママがあれこれ教えなくてもやれる範囲でやらない?」

すると突然顔を歪めて涙をポロポロ流し始めた娘は、せき切るように訴えました。

「せっかくここまで一緒にやってきて、○○ちゃんも頑張ってきたのに、ママは諦めちゃうの?そんなことで自信なくしちゃうママなんていらない!!○○ちゃんにとって、ママは何だと思ってるの!?今のママでいいんだよ!」と。

まさか一年生の娘から、そんな言葉が飛び出すなんて思ってもいなかった私、娘の一言一言が胸にぐさっと刺さりました。
だけども、娘は私を必要としてくれているんだ。教え方がうまくない、いつもケンカ越しになっちゃう私でも、娘にとっては必要なママなんだ。と痛感し娘の思いがとても嬉しく心に突き刺さって来ました。

私は、自信を失っていたけど、今の私のままで、娘にとっては十分なんだ…そう感じたとき、嬉しくて嬉しくて思わず涙が出ました。
娘と私、心と心でぶつかってケンカしながらも、一緒に成長していきたいなと感じました。